053629
ICHGAMI SHAMUSHO+市神社務所+
<24時間以内の記事は を表示します>
<48時間以内の記事は を表示します>
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [投稿ランキング] [キリ番コメント] [新規投稿] [管理用]
[携帯に掲示板アドレスを送信]  [標準/一覧/ツリー]  []
新規投稿
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ URLの自動リンク無効
URL
イメージ   [イメージ参照]
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
クッキー クッキー情報を記録しない
プレビュー 確認する
返 信 返信無効にする

初めのレスから表示中 / 新しいレスから表示
新元号に思う   野崎 準 : 2019/04/03(Wed) 10:36 No.668
|
10  新元号「令和」発表の時、「万葉集の梅の歌の序から採用」とあり、すぐ「筑紫歌壇」だなと気がつきました。「梅花の歌三十二首並びに序」は『万葉集』巻五にあります。

 この巻は奈良時代の天平初期、筑前国太宰府に集まった歌人大伴旅人(大宰帥)、山上憶良(筑前守)、小野老(太宰少弐・「あおによし奈良の都は咲く花の 匂ふがごとく今さかりなり」を詠んだ人)らの作品が集り、「貧窮問答歌」や松浦佐用姫の歌などの名歌も含まれ、筑紫歌壇と呼ばれています。

 この時期に歌人が九州に集まっていたのは神亀五年(728)の長屋王の乱で後ろ暗い関係者が辺境に飛ばされていたためという説もありますが、旅人は平城京に戻り晩年には大納言にまでなります。

 天平二年(730)正月十三日、大宰帥の老(おきな)の宅での宴、旧暦なので盛りの梅を見ながらの歌会ですが、国際情勢危急の現在に酒を飲んで遊んでいていいのか?とも思います。

『万葉集』巻二十で大伴家持は
剣太刀いよよ研ぐべしいにしへゆ 清けく負ひて来にしその名を
とも詠んでいるのですが。
[返信]
[修正]
[削除]

『江談抄』と名剣   野崎 準 : 2019/03/19(Tue) 19:23 No.667
|
9
平安時代後期、大江匡房の談話を藤原実兼が筆録した『江談抄』に
「剣 壺切
 壺切者為張良剣事。叉被命云壺切は昔名将剣也。張良剣云々。雄剣という僻事(ひがこと)也云々」。

とあります。壺切剣は皇太子の守り刀で、藤原氏から朝廷に献上された剣と言い、藤原頼長が藤原氏と血縁のない皇太子に「藤氏腹」ではないからと渡さなかった話が続いています。

 張良(?〜186BC)は中国・漢の高祖の側近で、始皇帝暗殺未遂や黄石公から軍学を学んだ話があり、漢の成立後も粛正されず天寿を全うした名将です。あまりにも時代が離れすぎ、献上したのが藤原冬嗣の子、長良だったのを誤伝したのでは、とも言われています。

 壺切剣は現在でも皇太子の守り刀として立太子式で引き継がれますが、平安時代以後数回火災で失われ、現在の剣は再生品との事です。
[返信]
[修正]
[削除]

柱の傷は応仁の乱   野崎 準 : 2019/02/25(Mon) 21:27 No.665
|
11  世界文化遺産の国宝・重文が多くある京都市ですが、市街地には意外と古い建築はありません。大都市の例で火災が多く、「この前の戦争」応仁の乱(1467-77)以後も「焼失面積では応仁の乱以上」という「天文法華の乱」(1536)、江戸時代の数回の大火、幕末の「蛤御門の変」による「ドンドン焼け」(1864)などで失われてしまったのです。

 その中で奇跡的に残ったのが上京区の大報恩寺本堂で、通称千本釈迦堂、国宝建築で、鎌倉時代貞応年間(1222-24)ごろの建築、快慶作の釈迦如来像、十大弟子像などの仏像も多く残されています。

 この本堂は内陣を拝観できますが、多数の円柱に矢の当たった跡の穴、刀で斬りつけた傷が多数のこっています。千本通りの東、堀川今出川あたりが応仁の乱の西陣、山名宗全邸跡、その更に東が細川勝元の拠った室町幕府跡で、度重なる応仁の乱の激戦によるものと伝えています。文化財見学会でご案内の先生方から、「人間の頭から心臓の高さに矢跡、刀傷が集中している」「応仁の乱のころから一般化してきた槍の傷もある」とご教示いただきました。

 京都には東福寺や建仁寺などにも矢傷のある門があり、平氏の館の門、六波羅探題の門などと伝えております。京都御苑の蛤御門は鉄炮傷で有名ですが、古い戦争の痕跡にも注意したい物です。
[返信]
[修正]
[削除]


新しいレスから表示

[→665] Re: 柱の傷は応仁の乱   田舎侍 : 2019/02/27(Wed) 16:51 No.666
1 いつも楽しく見せて頂いています。
こういうの大好きなので大切に遺してほしいですね。

保存改修耐震も大事ですが、姫〇城や平〇院など あまり綺麗になると少し悲しくなります。
関係者の苦労も知らずにと言われればそのとうりですが難しい問題ですね。
[返信]
[修正]
[削除]
|

尋常小学校の歴史図録   野崎 準 : 2019/01/26(Sat) 17:51 No.663
|
10  古書店で大阪府教育会編・京都帝国大学教授西田直二郎博士監修『尋常小学国史附図』上巻(昭和7年・1932)を見つけました。
当時6才から就学の尋常小学校の3.4年で学ぶ「国史」の参考図録です。

 時代が時代なので天岩戸神話、出雲大社、因幡の白うさぎから天孫降臨、神武天皇東征・・・と始まり、戦国時代の始まり、川中島合戦までの地図・イラスト集です。日本歴史の基礎ですから、事項と人物だけで文化史・社会経済史などの記事はなく、日本刀や弓矢の記事もありません。 

 日本武尊、坂上田村麻呂、和気清麻呂、楠木正成、村上義光、護良親王・・・と戦後の歴史教科書からは消えてしまった人物が一杯で、何というか今の歴史では語られない、その代り日本人として何か大切な物も消去してしまったのではないかな、とも思いました。

 イラストは当時の考古学、有職故実・武家故実に忠実で神様以外にはおかしな復元はないようでしたが。
[返信]
[修正]
[削除]


新しいレスから表示

[→663] Re: 尋常小学校の歴史図録   波平 : 2019/02/01(Fri) 15:46 No.664
1 野崎先生、楽しそうな本を見つけられましたね。
ちなみに現在の日本史Bの教科書にもある名前は坂上田村麻呂・和気清麻呂・楠木正成・護良親王(明治生まれの祖母は「もりながしんのう」と言っておりましたが現在は「もりよししんのう」で併記されています)あたりでしょうか。さすがにイラストや写真は教科書には掲載されていません。明治の教育は独特で祖母健在の頃は「鎌倉宮に詣でては尽きせぬ親王の御恨みに悲憤の涙ながすべし」と教科書の一文を諳んじて何度も聞かせられました。
[返信]
[修正]
[削除]
|

京都山科義士まつり   野崎 準 : 2018/12/15(Sat) 22:05 No.661
|
8  師走も半ばを過ぎました。

 京都市山科区の「義士まつり」を見てきました。山科区は大石良雄が閑居し、祇園の一力茶屋に通いながら討ち入りの作戦を練った所、という大石神社があり、京都の赤穂藩浅野家菩提寺である瑞光院が昭和37年に移転してきたゆかりの地、とのことで昭和40年代から町おこしに始めた祭だそうです。東京や赤穂のように映画俳優を招いたりはせず地元の方々だけだそうです。

 黒の火事装束に名前入りの白襷の大石良雄以下47人がJR山科駅の北、山科毘沙門堂から出発、瑞光院、駅前通りを南下し休憩・アトラクションののち大石神社で勝ちどきを上げて終了だそうです。毘沙門堂の参道で拝見しました。

 ポスターに「協力・東映太秦撮影所」とあり、衣装小道具を提供しているようでした。ただ撮影した画像を見直しますと、槍を持つだけで帯刀していない人、大刀だけでしかも「落し差し」の人がおり、大小を差していても帯の同じ位置に差し大小が平行な人などがいました。時代劇の本場がこれでは・・・。

 まあ、昭和30年代までは12月は演劇も映画も『忠臣蔵』でしたが、「史実は集団テロ、仇討ち後に泉岳寺で潔く切腹しなかったのは英雄扱いと仕官を期待していたのでは。しかし全員体のいい死罪。幕府内の権力争いに利用されただけ」、などと言われて消えてしまいます。

「君、君ナラズトイエドモ臣、臣ナラザルベカラズ」、本人の失策で不名誉な死に方をした暗愚の主でも忠臣なら命を捨てて復讐の義務があるという忠道の実行、とか「俺の目を見ろ何にも言うな、男同士の胸の裡・・・」とかの世界も遠い昔。時代劇そのものが滅びつつあると思いました。

 来年もいい歳でありますように。
[返信]
[修正]
[削除]


新しいレスから表示

Re: 京都山科義士まつり   真改 : 2018/12/30(Sun) 09:33 No.662
1 先生、今年も大変おせわになりました。

来年もよろしくお願い致します。

良いお年をお迎えくださいませ。
[返信]
[修正]
[削除]
|

日本刀完成前夜   野崎 準 : 2018/11/29(Thu) 21:19 No.660
|
11  平安時代も中期に近い寛和二年(986)、右大臣・東三条殿藤原兼家とその子、粟田殿藤原道兼は時の帝、花山天皇を山科の元興寺で出家退位させ、兼家が外戚である懐仁親王を次の帝に据えます。

 『大鏡』には粟田殿に導かれ御所を抜け出した花山帝の行列が安倍清明の館の前を通ると晴明が「天文に帝王退位の相が出た、式神一人すぐ内裏へ参れ」と命じる声が聞こえ、また鴨川の堤あたりで

 「東三条殿はもしさることにや(政敵が粟田殿も出家させてしまう)したまふとあやふさに、さるべくおとなしき人々、何がしかがしといふいみじき源氏の武者たちこそ御送りに添へられたりけれ。京のほとりはかくれて、堤の辺よりぞうちいでて参りける。寺などにてはもしおして人などやなしたてまつるとて一尺ばかりの刀どもを抜きかけてぞ守り申しける

とあります。この源氏の武者とは多田源氏の源満仲、その子源頼光とその配下と考証されています。摂関政治の確立期に、一方では武士団が力をつけつつあった時代です。

 花山帝出家後、懐仁親王ご即位、兼家は関白・太政大臣となり改元、「一条天皇の永延(987-989)」となります。
 ご存じ三条小鍛冶宗近の作刀した時期です。鴨川をこえ粟田口を通り山科に向かう行列を警護していた武家源氏の武士も三条付近で作られた太刀・刀を帯びていたのでしょう。

 兼家の関白職は子の道兼に受け継がれますが、就任直後に急死、道兼の弟藤原道長が天下を握り、「この世をばわが世とぞ思ふ・・・」World is mineと詠む摂関政治の全盛時代となります。

 日本刀の技術が完成されたとされる時代にはこういう背景がありました。
[返信]
[修正]
[削除]

千年目の満月   野崎 準 : 2018/11/22(Thu) 14:45 No.659
|
10  今日(平成30年11月22日)の京都新聞に
 寛仁二年(1018年)に権力の絶頂だった藤原道長が土御門第で「この世をば我が世とぞ思ふ望月の欠けたることのなきと思へば」と詠じてから今年の旧十月満月が今日、22日で千年目である」とありました。

 この時、道長の館「土御門第」を再建改修したのが武家源氏の源頼光で、道長が政敵や兄を蹴落として出世していた時代の永延年間(987-989)に三条小鍛冶宗近らが反りのある太刀、日本刀の技術を完成、とは続く武家の時代を予測させます。その代表作が「三日月宗近」と称されたのも何かの因縁だったのか。

[返信]
[修正]
[削除]

快刀乱麻とはいかない   野崎 準 : 2018/10/29(Mon) 14:24 No.658
|
8  中国宋時代の類書『錦繍萬花谷』の巻三十「剣」に
 「秋水 越絶書太阿剣其色如秋水」
とありました。刀剣関係で「なぜ研ぎ澄まされた刀を秋水というか」に「越絶書にある」と言う出典はこれのようです。
 
 楚の太阿(泰阿)の剣というとあの「楚王が城壁の上で抜刀しただけで包囲していた晋の三軍が全滅した」という核兵器級の恐怖の名剣です。

 『錦繍萬花谷』は宋時代に印刷され金沢文庫など中世日本にも伝来して読まれていた本で、中世の『尺素往来』でも「干将、莫耶、吹毛、太阿」が中国の名剣として出てきますから、太阿のごとき秋水、で広まったのではないか、と思いました。

 ただ現在普及している『越絶書』巻十一外伝宝剣には「太阿剣其色如秋水」という記述はないのですね。「其光輝如水」のような記事はあるのですが。引用するとき『越絶書』の原文を見ないで孫引きしたのでしょうか。

 中国の文人は「古典とは暗記するもの」で、それを文章で記録すると自然に誤字・脱字・当て字が多くなり、古典には異本が多く校訂が必須です。たまたま宋時代に多く読まれていた『越絶書』では「秋水」になっていたのかも知れません。

 秋水をもって快刀乱麻とはなかなか行かないようです。
[返信]
[修正]
[削除]

粟田口オレオレ詐欺   野崎 準 : 2018/10/08(Mon) 08:10 No.655
|
10  京博の「京のかたな」展を見てきました。

 ずらりと並ぶ三条、五条、粟田口、来などの名刀に「山城鍛冶の影響を受けた刀」や「京都ゆかりの名刀」として国宝、重文が一杯、平日午前に行ったのに行列でした。

 狂言『粟田口』では「粟田口比べ」に誘われた田舎大名が太郎冠者に「粟田口を買おう」と叫ばせると京のスリが「オレオレ、俺は粟田口藤右馬允(あわたぐち とうまのじょう),合戦の先陣に立てると大勝利疑いないという名門の者じゃ」と言葉巧みに大名に取り入り、預かった刀を奪って逃げます。

 大名との対話に「粟田口ならハバキ元が黒いと聞いたが」「黒い脛布(はばき)をつけております」「刃は硬いと聞いたが」「歯は固く石でもかみ切れます」「身は古いか」「風呂に入った事もありませぬ」「二つ銘がよいと言われているが」「上京、下京に姪が一人ずつおります」・・・・とあり、刀剣に詳しい中近世の人々は大笑いしたのでしょう。

 ちょっと気になるのは「先陣に立てると勝利疑いなし」で、田舎大名が納得したのは、或いは粟田口の刀にそういう失われた伝説があったのかも。
[返信]
[修正]
[削除]


新しいレスから表示

Re: 大人気のようです   真改 : 2018/10/08(Mon) 09:25 No.656
1 「京のかたな」展、開催前から大人気のようです。
行きたいけど、行けない。

しかし、台風が過ぎ、気候も良くなってきたので、並んで待つのも、その先の国宝や重要文化財が見ることができると思うと、苦にならないかもしれませんね。(^^)。
[返信]
[修正]
[削除]

Re: 粟田口オレオレ詐欺   野崎 準 : 2018/10/09(Tue) 06:33 No.657
10 京博の行列は前も後ろもご婦人で、男性見学者は20〜30人に1人、それも私のようなご高齢が大半でした。

 時代が変わったのかなと。
[返信]
[修正]
[削除]
|

京都二条城の見学   野崎 準 : 2018/09/27(Thu) 09:15 No.654
|
8  久しぶりに京都二条城を見学しました。ここ数年大手門などに覆屋をつけて修理しており、つい足が遠のいていました。
 台風21号の「昭和9年の室戸台風以来」という暴風で二の丸庭園はまだ修復中、外堀沿いの並木や清流園内にも倒木や伐採の後が残されていました。

 この城は徳川家康が慶長6〜8年(1901-03)にかけて京都の滞在館として築城、元和偃武の後寛永年間に増改築されて後水尾天皇の行幸を仰ぎ、江戸時代の数回の大火などを経て明治維新後は離宮、昭和14年京都市に下賜されて観光施設になりました。
 現在は世界文化遺産、二の丸御殿は国宝、大手門・二カ所の隅櫓・諸門などが重文、二ノ丸庭園は特別名勝です。

 大修理後に解説も一新され、本丸御殿では近世武家建築の他明治の離宮時代の追加(装飾金具を葵紋から菊紋に変える、天井画を有職文様とするなど)、本丸や天守台、諸門などにも新しい城郭史研究による説明板がありました。

 昔の案内記には出ていたのに消えてしまったのは家康創建期の石垣は徳川再建大坂城の石垣のように、切石を使いながら隙間に割石を詰める初期の切石積み、寛永改修部分の石垣は隙間のない完成された切石積みということです。外堀の西側、二条堀川沿いの石垣などは古い積み方です。当時の城は火縄銃の射程を考慮して堀の幅は100m以上が普通なのにここの堀幅は10〜20m。城郭より居館の機能優先だったのでしょう。

また大きな地図で見ると分かりますが城の方位は昔からの京都の街路とわずかに食い違っています。これは平安遷都(794年)の都市計画は当時の北極星の位置を基準に、二条城は磁石の方位を基準としたからと言われています。数百年規模だと天の北極の位置も磁北もわずかに移動しており、慶長年間の磁北は今より東に偏位してほぼ真北を向いていたそうで、江戸時代初期に磁石を用いて方位を決め築城された各地の城や城下町にも同様の方位がある、と言われていました。

 南蛮屏風でも見るように西洋人観光客が一杯でしたが、京都の観光地一般と同様武家文化の説明や刀剣武器のお土産品は少なく、説明も徳川氏の皇室崇敬、大政奉還、離宮としての大正天皇即位時の賑わいなどに重点がおかれていました。京都はサムライでなくミカドとお公家さんの都市だ、と言うのでしょうか。
[返信]
[修正]
[削除]

ページ移動

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |

NO: PASS:
 [標準/一覧/ツリー]  []

- KENT & MakiMaki -
携帯用改造:湯一路
Modified by Tambo