055446
ICHGAMI SHAMUSHO+市神社務所+
<24時間以内の記事は を表示します>
<48時間以内の記事は を表示します>
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [投稿ランキング] [キリ番コメント] [新規投稿] [管理用]
[携帯に掲示板アドレスを送信]  [標準/一覧/ツリー]  []
新規投稿
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ URLの自動リンク無効
URL
イメージ   [イメージ参照]
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
クッキー クッキー情報を記録しない
プレビュー 確認する
返 信 返信無効にする

初めのレスから表示中 / 新しいレスから表示
明治の歴史書から   野ア 準 : 2020/01/08(Wed) 12:08 No.680
|
11  明治の漢学者・歴史学者笠間益三(1844-97)の『日本史略』を古書店で偶然、再刊本も含め全八巻入手できました。
 著者は筑前柳川藩士、明治政府の官吏となり旧制五高などで教鞭を執っていた人です。神武天皇から明治10年の西南の役の終結まで、明治13年の木版本でした。
 「小学童蒙のための平易な通史」といい面白い国史概説です。

 謙信・信玄の川中島の戦いは「五度合戦記」等により、二人の一騎打ちは天文23(1554)年、川の中とされています。一部現代漢字にしました。

 天文二十三年八月。謙信復タ兵八千を帥テ信濃ニ入リ、犀川ヲ渡リテ陣ス。信玄一万人ヲ以テ出テ之ト対ス。塁ヲ固クシテ出デズ。謙信伏ヲ設ケ、甲斐ノ軍ヲ誘キ出シ、之ヲ殺ス。甲斐ノ軍随テ皆出ツ。大ニ戦フテ互ニ勝敗アリ。信玄潜ニ令ヲ下シ、犀川ヲ渡リ、旗ヲ伏セ、葦中ヲ経リ直ニ謙信ノ麾下ヲ襲フ。麾下潰走ス。宇佐美定行、横ニ信玄ヲ撃チ之ヲ破ル。信玄数騎ト走リ河ヲ乱ル。一騎将アリ。白布ヲ以テ面ヲ覆ヒ、太刀ヲ抜キ、来リテ信玄ヲ中流ニ逼ル。信玄将ニ逃レントス。騎将罵テ曰ク、「豎子、此ニ在ルヤ」ト。刀ヲ挙テ之ヲ撃ツ。信玄麾扇ヲ以テ之ヲ扞ク。信玄ノ従士、之ヲ救ハント欲ス、水速シテ近ク能ハズ。槍ヲ挙テ之ヲ撃ツ。馬ニ中ル、馬跳リテ淵中ニ入ル。信玄因リテ免ル。是日両軍死傷相当ル。信玄創ヲ被レリ。・・・越後ノ捕虜云フ、「導キノ騎将ハ乃チ謙信ナリ」ト。

[返信]
[修正]
[削除]


新しいレスから表示

[→680] Re: 明治の歴史書から   野ア 準 : 2020/01/09(Thu) 09:59 No.681
11  上杉謙信・武田信玄の「川中島合戦」は天文22年(1553)から永禄7年(1564)まで5回行なわれた、とされています。しかし基本文献が武田方の「甲陽軍鑑」、上杉方の「北越太平記」など後世の脚色されたものしかなく、しかも面白いエピソードはこれらの文献にしかないという厄介な歴史だそうです。

 両軍が本気で衝突して大きな戦いになったのは第二次の天文24年、川中島八幡原で両軍主力が戦った永禄4年の第四次合戦とされています。江戸時代には信玄・謙信の一騎打ちは第二次の合戦で川の中、とされていました。川中島合戦の屏風絵などにはこの様子が描かれ、笠間氏のこの場面の種本となっている頼山陽「日本外史」もこの説に拠っています。

明治以後は小説や映画、テレビドラマなども両雄の対決は第四次合戦に上杉軍が武田の本陣に迫った時の事としています。大将自ら斬り合ったという以外に同時代史料なし、脚色自由自在と判明したからでしょう。

 なおこの真偽不明の文献には「小豆長光鉄砲斬り」という名剣伝説もあります。

[返信]
[修正]
[削除]
|

神社への刀剣奉納の始まり   野ア 準 : 2019/12/17(Tue) 15:47 No.677
|
8  幕末明治に筑後柳川藩士から明治政府に仕えた漢学者・官吏で、旧制五高などで教鞭を執った笠間益三(1844-97)の『日本略史』という本があります。明治11年(1878)刊の木版本の日本史概説、神武天皇から明治10年(1877)の西南戦争終結までですが、政治史を中心に外交史、文化史、挿話などにもふれ、面白い通史でした。

 その古代史、人皇11代垂仁天皇の記事に
「二十七年 兵器ヲ以テ神幣ト為スヲ卜(ぼく)ス。吉ナリ。兵器ヲ以テ神ヲ祭ル、此ニ始ル。本邦尚武ノ風。由リテ来ル所ナリ」。
 とありました。

垂仁天皇は『古事記』にも
「また鳥取の川上宮に坐して横刀(たち)一千口を作らしめ、これを石上神宮に納め奉り・・・」とあり、この刀剣大量製造と石上神宮への奉納の記事は『日本書紀』垂仁天皇39年紀にも見えますが、兵器奉納の事はそれより12年前の垂仁紀に

「二十七年秋癸酉朔己卯。祠官(かむつかさ)ニ令(のりごと)シテ兵器(もののぐ)ヲ神幣(かみのまひ)ト為(せ)ンコトヲ卜(うらな)ハシムルニ吉也(これよし)。故、弓矢横刀ヲ諸神ノ社ニ納ム。乃チ更ニ神地、神戸ヲ以テ定メ、時ヲ以テコレヲ祠シマツル。蓋シ兵器ヲ以テ神祇ヲ祭ルハ是時ニ始テ興ルナリ」。
とあります。

時代が神仏習合・神儒合一を離れて純粋の日本神道への回帰を模索していた時でもありますが、こういう些事にも気づくとは流石明治の史学者だと思いました。

 令和元年もあとわずか。皆様よいお年を。
[返信]
[修正]
[削除]


新しいレスから表示

Re: 神社への刀剣奉納の始まり   真改 : 2019/12/29(Sun) 15:22 No.678
1 今年も大変お世話になりました。

来年もよろしくお願い致します。
[返信]
[修正]
[削除]

Re: 神社への刀剣奉納の始まり   花散里 : 2019/12/31(Tue) 18:12 No.679
1 いつも興味深い話題を提供いただき、誠にありがとうございます。

体調にはくれぐれもご自愛いただき、良いお年をお迎えください。
[返信]
[修正]
[削除]
|

久米舞を見てきた   野ア 準 : 2019/11/24(Sun) 09:48 No.676
|
8  11月14日に奈良県橿原神宮の大嘗祭を拝観してきました。

例年は勤労感謝の日に執行の新嘗祭を今年はご即位大嘗祭に合わせこの日におこなったとの事です。

新穀奉納の後は巫女舞かと思っていましたら男性四名が抜刀しての勇壮な舞がありました。「久米舞」と言い舞楽でなく雅楽の「国風歌舞」で、宮中では大嘗祭の時のみ舞われる舞、とのことです。橿原神宮に伝えられたのはご祭神 神武天皇ゆかりの舞だからでしょうか。「みつみつし久米の子らが頭鎚(かぶつつい)、石槌(いしつつい)持ち、討ちてしやまむ」です。

 太刀は金装の直刀でしたが、気になったのは水平でなく柄の方が高くなるように佩びていたことです。抜刀しやすいためでしょうか。
[返信]
[修正]
[削除]

今年の正倉院展   野ア 準 : 2019/10/30(Wed) 14:42 No.675
|
7  10月29日に奈良国立博物館の正倉院展を見てきました。台風でもないのに強い雨で、例年のような行列はなくゆっくり見られたのはいいのですが往復が大変でした。

 今年の展示の目玉は「鳥毛立女屏風」全6枚一挙公開、天武天皇ゆかりの木厨子、金銀平文の琴、帝冠の破片、象牙尺(物差)などで武器・武具はなし。鉄器は「子の日手辛鋤(ねのひのてからすき)」程度でした。聖武天皇追悼の東大寺への奉納品のリストは武器・武具が三分の二を占めていたというのに。刀剣・弓矢・甲冑などは天平宝字八年(764)、藤原仲麻呂(恵美押勝)の乱の直前に大半が出蔵されて戻ってこなかったそうです。

 寺院の勢力が増加しつつあり、武器武具の保管は危険、とされたのでしょうか。
[返信]
[修正]
[削除]

刀剣を打つ日   野ア 準 : 2019/09/28(Sat) 12:34 No.673
|
8 多田義俊『南嶺遺稿』(日本随筆大成・10)に

刀剣を打つ日取
 刀剣を打つ日取のある事はいにしへよりある事なり。まづ『中右記』には庚申を用いるとあり。庚も申も皆金なり。それ故庚申を祭るも金と金とが相逢う故、何事も災事のなきやうにとまつる事也。また『藤原家長日記』を見れば、壬癸の日に打つと有り。剣は水気を含(ふくま)するがよしと也。また室町家の法は戊己なり。しかれば土生金なり。是は何によって故事を見給ふや知らずともよろしき日取りなるべし。さて唐(もろこし)『漢魏叢書』の中に、『刀剣録』と云が有り。又坪井先生の『本朝古今刀剣録』といふ書をせられたり。是には堅く『浅深抄』の庚申の説をとりて、金と金とが能(よじ)とあり。しかれども予が心には、土による金なれば室町家の方がよろしくおもふ也。
[返信]
[修正]
[削除]


新しいレスから表示

Re: 刀剣を打つ日   野ア 準 : 2019/09/28(Sat) 13:17 No.674
8 追加説明
易占に詳しい方は御存知のように「十干十二支」は五行説では「木・火・土・金・水」のどれかに属し、互いに「生・剋」などの関係があります。刀剣を作る日は「金」、「水」「土」のどれに属する日がいいのか、です。刀剣の銘文にも関係します。十二支では寅の日も刃物を打つのにいい日とか。
[返信]
[修正]
[削除]
|

アフリカの鉄 補足   野ア 準 : 2019/08/28(Wed) 20:56 No.672
|
8 日本が音頭をとったアフリカ開発国際会議が横浜でありましたが、一般の関心はあまりないようで残念です。
アフリカの伝統的製鉄が注意されてきた頃の本、 Yvonne Ayo “Africa” Eyewitness Gides 61,Doring Kindersley book 1995はヨーロッパの博物館の民族学資料を中心にした一般向けのアフリカ文化史図鑑ですが、鉄加工に1ページをあて、鍛冶屋の革フイゴなどの写真を出しています。
「鉄はサハラ以南のアフリカで紀元前300年頃からの多数の遺跡が見つかっている。鉄鉱石は土器の炉(earthenware furnace)で高温に加熱され「ブルーム(bloom)」という粗鉄塊になる。それはインゴットや棒の形にされて交易の対象物とされ、地方の鍛冶屋で製品に加工される。鉄の製錬はきわめて難しく、操業の前には音楽や踊りによる成功を祈る宗教儀式がおこなわれる」とありました。

 当時は「拾ってきた低品位の鉄鉱石、燃料は木炭というより消し炭、弁もない非効率な革フイゴ、銑鉄は作れず鉱滓を噛みこんだ粗悪な金属鉄、低炭素で焼き入れもできない」とされていましたが、最近のネットでは、「浸炭、脱炭、焼き入れ、焼き戻し自由自在。起源も古く、『鋼の時代』は古代アフリカに始まる」と話が大きくなっています。
あと武器は弓矢と槍が基本だそうで、刀剣文化はイスラム化した地域だけとか。
[返信]
[修正]
[削除]

アフリカの鉄文化   野崎 準 : 2019/07/29(Mon) 21:17 No.671
|
8  堺市・羽曳野市の古墳群がユネスコの世界文化遺産に選定されましたが、今年は同時に西アフリカのブルキナファソの古代製鉄遺跡群も選ばれています。

 暗黒大陸と言われ西欧の植民地になるまで原始社会のように言われていたアフリカに意外に古くから鉄器文化があったことは20世紀はじめから注目され始め、ナイル川の上流スーダンに「アフリカの鉄都バーミンガム」と言われたメロエ製鉄遺跡群、フランスの記録映画「マンダラ」で革フイゴと粘土製炉による原始製鉄法が紹介された中央アフリカのカメルーンなどが知られていましたが、今世紀に入り西アフリカ・中央アフリカなど鉄鉱石の豊富な、森林の回復力も強い熱帯雨林地帯から紀元前2000年紀にまでさかのぼる古い製鉄遺跡が多数発見され、今回指定のブルキナファソの遺跡もその一部だそうです。

 アフリカ各地の原始製鉄はヨーロッパの鉄器が輸入され始めると途絶え、第二次世界大戦中の鉄需給逼迫時に一部で復活しますが、中国の過剰生産鉄の大量流入でそれも終焉となったそうです。

 ネットにはアフリカ各地での伝統的原始製鉄法の復元実験が紹介されていますが、中国語字幕の出る物もあり、最近のアフリカへの中国進出の一端もうかがえます。日本の鉄文化研究者はどの程度現地で研究しておられるのでしょうか?
[返信]
[修正]
[削除]

バイキング時代の鉄製武器   野崎 準 : 2019/06/24(Mon) 22:23 No.670
|
10  神戸市北区の異人館街を見てきました。内部公開されている洋館には元の所有者にちなみ、オーストリア、オランダ、イギリスなどの観光広報を兼ねた展示があり、復元・複製品や写真パネルが中心ですが楽しく見ることが出来ました。

 一寸驚いたのはデンマーク館にアンデルセン、トーベ=ヤンソン(『ムーミン』の原作者)と共にバイキングの文化が展示されていました。考古学の知識ではバイキングの本場はノルウェーやスウェーデンだと思っていたのですが、そういえばデンマークは海に面しているだけでなく街道や河川交通でヨーロッパ諸国とも交流があり、バイキングの中でも高い文化を持っていたようです。

スカンジナビアを中心にバイキングが優れた鉄の武器と造船・航海術をもってヨーロッパを席捲した「バイキング時代」は西暦800-1050年で、ほぼわが国の平安時代に重なります。
 北欧は鉄鉱石の産地でもありますが、バイキング時代には沼地に生成される水酸化鉄の沼鉄鉱、褐鉄鉱などを木炭の小さな炉で製錬、炉内の鉄の塊を鍛造して鉄素材を得ていました。炭素量の調整や、それによる硬軟の鉄を鍛接した水波紋のある長い剣を始め、戦斧、鉄の兜、鎖を編んだ甲冑などが作られ、造船用の鉄釘、錐や手斧などの工具も作られていました。さらに熱処理など炭素鋼の有効な利用から、バイキング時代を「鋼の時代の始まり」とする説もあるようです。

 神戸異人館のデンマーク館には縮小模型ながら構造のよく分かるバイキング船、その工具と、同様に復元された武器武具も展示されており、思いがけず北の鉄器文化に触れることができました。そういえば日本刀の技術の完成もほぼこの時代に重なります。不思議な一致ですね。
[返信]
[修正]
[削除]

戦国時代の家訓   野崎 準 : 2019/05/31(Fri) 10:17 No.669
|
8 『続群書類従』を読んでいましたら雑部に「多胡辰敬家訓」がありました。多胡辰敬(たこ ときたか 明応六年1497-永禄五年1562)は尼子氏の家臣で、毛利氏との戦いで討ち死にしたという戦国時代真っ只中の武将です。この中に武士のたしなみとして;

 第一 手習学文(語学・学問)、 第二 弓(武術)、第三 算用(数学)、第四 馬乗(馬術)、第五 医師(医学)、第六 連歌・歌道、第七 包丁(料理、食事作法)、第八 乱舞(らんぶ・能)、第九 鞠(まり・蹴鞠)、第十 躾(しつけ・子弟の教育)、第十一 細工(技術)、第十二 花(華道)、第十三 兵法、第十四すまふ(相撲・格闘技)、第十五 盤ノウヘノ遊ビ(碁・将棋)、第十六 鷹、第十七 ニョウギ(容儀=服装)

とあります。戦乱の日々ですが武技は「武者ハ弓取。魔除けにも用いる」と弓術で代表とし、刀槍は出てきません。室町幕府の遺風で和歌、連歌、けまり、盤上遊戯など貴族文化もありますが、生け花、能などは武士の物で、儒学がないなど江戸時代の武士の教養とも大分違うようです。
[返信]
[修正]
[削除]

新元号に思う   野崎 準 : 2019/04/03(Wed) 10:36 No.668
|
10  新元号「令和」発表の時、「万葉集の梅の歌の序から採用」とあり、すぐ「筑紫歌壇」だなと気がつきました。「梅花の歌三十二首並びに序」は『万葉集』巻五にあります。

 この巻は奈良時代の天平初期、筑前国太宰府に集まった歌人大伴旅人(大宰帥)、山上憶良(筑前守)、小野老(太宰少弐・「あおによし奈良の都は咲く花の 匂ふがごとく今さかりなり」を詠んだ人)らの作品が集り、「貧窮問答歌」や松浦佐用姫の歌などの名歌も含まれ、筑紫歌壇と呼ばれています。

 この時期に歌人が九州に集まっていたのは神亀五年(728)の長屋王の乱で後ろ暗い関係者が辺境に飛ばされていたためという説もありますが、旅人は平城京に戻り晩年には大納言にまでなります。

 天平二年(730)正月十三日、大宰帥の老(おきな)の宅での宴、旧暦なので盛りの梅を見ながらの歌会ですが、国際情勢危急の現在に酒を飲んで遊んでいていいのか?とも思います。

『万葉集』巻二十で大伴家持は
剣太刀いよよ研ぐべしいにしへゆ 清けく負ひて来にしその名を
とも詠んでいるのですが。
[返信]
[修正]
[削除]

ページ移動

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |

NO: PASS:
 [標準/一覧/ツリー]  []

- KENT & MakiMaki -
携帯用改造:湯一路
Modified by Tambo