385475
一陽来復評定所
平成二十九年 丁酉 一白水星 西暦2017年 皇紀2677年
(明治150年 大正106年 昭和92年 大東亜戦争後72年)

<24時間以内の記事は を表示します>
<48時間以内の記事は を表示します>
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [投稿ファイル] [投稿ランキング] [新規投稿] [管理用]
 [標準/一覧/新着/ツリー]  []
新規投稿
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ URLの自動リンク無効
URL
添付File1
添付File2
添付File3
(gif jpg png pdf/1.9MBまで)
イメージ   [イメージ参照]
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
クッキー クッキー情報を記録しない
プレビュー 確認する
返 信 返信無効にする

初めのレスから表示中 / 新しいレスから表示
希望価格は10億円!!   花散里 : 2017/11/25(Sat) 10:02 No.7269
|
ガマ
上越市が購入を計画していた上杉謙信の愛刀「山鳥毛」、先日購入を断念したとのニュースが流れました。

その経緯の詳細は、以下の記事にあります。(記者会見資料も、この投稿に添付しています。この投稿の一番下、クリップのマークをクリックしてください。)

https://www.joetsutj.com/articles/36097938

上越市は専門家と相談し3億2000万円を購入予算として計上していましたが、所有者の当初希望額はなんと10億円(゜o゜)
最終的には5億円の値段を提示したようですが、上越市が計上した予算とはかけ離れていました。

上越市は3億2000万円が最終ゴール地点、所有者は3億2000万円がスタート地点、この両者の食い違いが交渉決裂の原因だったとのことです。
上越市では市民からの募金も7000万円以上集まり、里帰りの機運が高まっていただけに残念なニュースでした。

歴史的な価値と10億円・・・高いと感じるか、安いと感じるか、それとも妥当と感じるか・・・感じ方は人それぞれですが、一旦美術品を流出させてしまうとどうなるか・・・如実に現れた例だと思います。

Download:国宝謙信公太刀収集事業について.pdf 7269.pdf

[返信]
[修正]
[削除]


新しいレスから表示

Re: 希望価格は10億円!!   こてつ。 : 2017/11/25(Sat) 23:43 No.7270
白蛇 他人様の懐具合は分からないし知りたいとも思わないですが…はあ〜、10億ですか。
ご自身はいくらで手に入れたんでしょうね。
まあさすがに墓の中まで持って行く気は無いでしょうから、しかるべき時が来たら尋常な価格で次の相応しいお持ち主に譲り渡して欲しいです。

上越市の地元でも色々と反対意見もあったようですが、ここで引いたのは良い判断だったのではないでしょうか?
反対を押し切ってまで買うものでもないと思います。
[返信]
[修正]
[削除]

Re: 希望価格は10億円!!   真改 : 2017/11/26(Sun) 11:14 No.7271
白影 地元所縁の国宝が欲しい、という気持ちは、国宝のない徳島県人としては、とてもよくわかります。

しかも、この刀剣ブームでもあり、話題性もある。観光客も呼び込める。いろいろな思惑がある中、盛り上がった話題がしぼんでしまったのは、残念です。

そのような中、先週に続きまして、香川県多度津町の町立資料館で、小さな刀剣展示会が行われています。
紹介されたのが遅かったので、行くことができませんが、ぜひ、お近くの方は、お出かけください。

また、徳島県でも現在、「第47回企画展「風土が育むくろがねの美 備前刀&海部刀」が開催中です。
http://www.town.kaiyo.lg.jp/docs/2017052600018/file_contents/bizenkaifu.pdf

こちらの企画展も、本日、新聞で知りました。(^^ゞ。
期間は長いので、時間を見て行けたらいいなぁ〜と、思っております。

単独表示 s7 019.jpg

[返信]
[修正]
[削除]
|

日本刀展 〜もののふの美〜   真改 : 2017/11/19(Sun) 19:35 No.7265
|
白影 徳島城博物館で本日まで開催されておりました、「特別展 幽霊 〜美と醜の物語」を2間前に見に行ったときに、パンフレットと一緒に刀剣新聞「刀剣春秋」を戴きました。
その記事の中に、今回行って参りました、「日本刀展 〜もののふの美〜」の開催案内が載っており、これは、香川県高松市香南町「歴史民俗郷土館」にて行われているものです。(画像参照)

香南町は2006年に高松市と合併したようですが、合併時には人口約8000人の町でした。
展示会に参りまして、とても参考になったのは、その展示手法でした。
大きな都市の博物館で行われる展示会とは異なり、小規模ではありましたが、掛け軸・甲冑・鉄砲・刀装具・刀剣と網羅された展示となっており、この規模で同じような手法であれば、どのような規模の町であっても、地域の刀剣愛好家が所蔵品や知恵を出し合えば、十分楽しめる展示会が可能であるという、具体像を見せてくれていました。

この久しぶりの刀剣・歴史ブームの中、地方に足を運んでいただく企画展としては、どの町でも行ってみる価値があると思いました。
ぜひ各地で、小さいけれど、魅力のある展示会が開催されますことを期待したいと思います。

さて、展示の内容ですが、有名所の長船刀を始め郷土刀もあり、見応えがありました。
刀装具も、拡大鏡を通して大きく見えるように工夫してあり、地方の博物館にも負けない手法を凝らしておりました。

ただ残念なのは、日曜日の真昼に行ったのですが、どなたもおられず、案内解説の方もおられず、もったいなかったように思います。

来館者は。私と父以外にもう一方、熱心にビデオも見ておられました。こういう人を愛好家に引き入れるためにも、担当者を配置する必要性を感じました。

父も、時間をかけて来た甲斐があったと、よろこんでおりました。
(^^ゞ。

また出かけたいと思います。

単独表示 s7 024.jpg 単独表示 s7 061.jpg 単独表示 s7 052.jpg
[返信]
[修正]
[削除]


新しいレスから表示

Re: 日本刀展 〜もののふの美〜   花散里 : 2017/11/19(Sun) 20:09 No.7267
ガマ 「特別展 幽霊 〜美と醜の物語」、面白そうな企画ですね。
2年ほど前でしたか、東京でも「うらめしや〜、冥土のみやげ」展が開催され、波平さんと見に行ったことがありました。

「日本刀展 ーもののふの美ー」小規模だったとのことですが内容が濃かったようですし、このような企画を開催してくれるのと、くれないのとでは天と地ほどの差があります。
例え1品、2品でも来場者の心に残ってくれて、そこから徐々に関心が広がっていただければ嬉しいですね。

これからも、いろいろな場所で企画展を開催していただき、一過性のブームなどで終わってしまわないようにしていただきたいと思います。
[返信]
[修正]
[削除]

Re: 日本刀展 〜もののふの美〜   真改 : 2017/11/19(Sun) 21:08 No.7268
白影 徳島城博物館開館25周年記念・東京富士美術館名刀展「鐡華繚乱−ものゝふの美」

徳島城博物館開館25周年記念企画第2弾は、武士の魂といわれる「刀」を中心に武器武具をテーマに展開します。東京富士美術館の名品が一同に集結。重要文化財3点(太刀「銘 有綱」(古伯耆)、太刀「銘 一」(福岡一文字)、太刀「銘 備前國長船住近景」)をはじめ、刀「無銘 来国真」や刀「折返銘 正恒(古備前)」、長曽祢乕徹などが、ずらり徳島に初上陸いたします。名品を通じて平安時代から江戸時代に至る刀剣の歴史を通覧できる、またとない機会です。また、島津家伝来とされる「小札紫糸威白糸腰裾取胴丸具足」や水戸藩10代藩主徳川慶篤の鍛えによる脇差、早乙女家成の手による「鉄錆地六十二間筋兜 三日月前立」など、歴史ファンも必見です。

とのこと!!

https://www.city.tokushima.tokushima.jp/johaku/tokubetsutenji/johakuh29tokubetu06.html

年明けには上記、企画展が徳島城博物館にて開催されます。

偶然にも、こちらも「もののふの美」となっております。(^^)。

町の小さな企画展の気概に負けないように、期待しております。
(^O^)/。
[返信]
[修正]
[削除]
|

大刀剣市2017   花散里 : 2017/11/19(Sun) 19:03 No.7264
|
ガマ 今年も11月17日(金)から本日まで、大刀剣市が開催されました。

いつもは、市の後で電脳倶楽部OFF会を開催していましたが、参加者の加齢とともに(?)なかなか皆様の都合がつかず、今年はOFF会の開催を見送りとさせていただきました<(_ _)>

私もいつもの年は2日目の土曜日に参加していたのですが、今年は最終日の本日行ってまいりました。
参加者の皆様がお若い頃(しつこい(^_^;))は、会場の東京美術倶楽部から1時間半ほどで帰宅できる私も泊りがけで参加し、夜遅くまで、また翌日の朝から皆様と楽しませていただいたものです(^^)

最終日ではありましたが今年の印象は、やはり外国の方と女性が多かった印象があります。
女性は例のゲームの影響が大きいのでしょうが、やはり裾野が広がって来場者が多いのは良いことですね(^^)
今日の東京は風が冷たく、日陰にいると本当に寒さを感じるほどでしたが、会場内の熱気はそこそこあったような気がします。

今年はOFF会を開催できませんでしたが、来年はまた通常どおり開催したいと思っていますので、皆様ぜひよろしくお願いいたします<(_ _)>

追伸:
今年のカタログの表紙にも掲載されていた助廣「号村雨」、昨日売れてしまったそうです。
成蹊堂さんのご友人で、台湾の方が購入されたとのことです。
あたら名品が流出してしまったことは惜しいと思いますが、ぜひ彼の地でも大切にして貰って欲しいですね(^^)
[返信]
[修正]
[削除]


新しいレスから表示

Re: 大刀剣市2017   真改 : 2017/11/19(Sun) 19:48 No.7266
白影 うわ〜〜、ショックです。
花散里さんの記事を見て、つい叫んでしまいました!!

名品の海外流出は痛いですね。
大切にして頂けるなら、どこにあっても良いとは思いますが・・・。
しかし、惜しいな〜〜〜。(T_T)。
また、買い戻してほしいです。
テレビで見た、所さんのような愛好家に、購入して欲しかったですね。

そういえば、「上越市が本年度中の取得を目指していた戦国武将上杉謙信の愛刀で、国宝の太刀「 無銘一文字(山鳥毛(さんちょうもう))」の購入を断念する方針を決めたことが18日、 分かった。」という記事も出ておりましたが、これだけは、海外に出さんとって〜〜〜っと、お願いします。m(__)m m(__)m m(__)m。

個人蔵ということですからね〜。
国宝だから海外流出はないよ〜〜、と普通は思いますが、なんせこれから何十年と年数が経てば、今でも行方不明の国宝・重文がごまんとあるようですから、絶対とは言い切れないと心配してしまいます。
その他、盗難などもありますから。
[返信]
[修正]
[削除]
|

大刀剣市   真改 : 2017/10/19(Thu) 20:54 No.7260
|
白影 皆さん、大刀剣市2017カタログは、もうお手にされましたか?(^^)。

私は、毎年、成蹊堂さんに注文して取り寄せておりますが、今回の表紙の刀に驚きました!!

「 号村雨 」

電脳倶楽部を開設して、そう何年も経っていない頃、熱く熱く刀剣を語っていた頃に、大刀剣市で見た刀です。(^^。

懐かしさと同時に、相変わらずの迫力に、一気にあの頃に引き戻されましたね!
忘れようもないこの刀に、再び大刀剣市で会うことが出来る方がうらやましいです。( 一一)。

どうぞ、実物をご覧いただき、感想などをお聞かせ下さい。

ちなみに、最近話題の刀剣乱舞には、この刀はでているのでしょうかしら?
刀剣女子の感想も聞いてみたいですね。(^O^)/。
[返信]
[修正]
[削除]


新しいレスから表示

Re: 大刀剣市   こてつ。 : 2017/10/19(Thu) 21:56 No.7261
白蛇 こんばんは、真改さん。こちらも今日カタログが届きました。
助廣のこの刀は重刀指定だったか特重指定だったか、刀博での展示で初めて見ました。
こんなのがまだ指定されないであったのかと思ったのを覚えています。
濃厚な彫りと身幅、長さには圧倒されますね。
茎の形状や全体の反りなど見ると、これは片手では重くてとても抜けないのでは…と言うような特殊な姿をしていると思います。
アニメやゲームにはこういう異形な刀がよく出てきますので、若い方たちにはウケるかも知れませんね。
ただ、刀剣乱舞には伝来があるような有名な刀が中心に出てきたのでは無かったでしょうか、良く知りませんが。

説明文に「雨乞いの時に出した」とありました。
大刀剣市も雨になったりしたら…イヤですね。
それでなくても今年は雨が多いので。
[返信]
[修正]
[削除]

Re: 大刀剣市   花散里 : 2017/10/19(Thu) 22:10 No.7262
旅人 うちも、やはり成蹊堂さんから本日カタログが届きました。

やはり目立ちますよね・・・村雨(^^)v
私の記憶だと、重要新指定展・大刀剣市・特重新指定展と3回お目に掛かったような気がします。
こてつ。さんのおっしゃるように、全体のバランスは実際に使用できるの?・・・と、思いますね。
常日頃の使用が目的ではなく、雨乞いの祭器として特別に注文されたものではないでしょうか?

この村雨がカタログの表紙になったせいか、台風が近づいています(^_^;)

秋の台風は怖いと言いますから、みなさん気を付けて<(_ _)>
[返信]
[修正]
[削除]

Re: 大刀剣市   真改 : 2017/10/20(Fri) 14:17 No.7263
白影 こてつ。さん、花散里さん、こんにちは。(^^)。

私が、大刀剣市で初めて見たときは、まだ無冠だったと思います。
持ってきていた刀剣店は、今回と同じお店だったと思います。
強烈な印象を受けました。

拵えのない状態では、見た目のバランスから、とても手に取ってみる勇気はないな、と思っておりましたが、電脳倶楽部の仲間の一人が手に取って見た!と聞いた時には、勇気ある(^^ゞ行動に、その腕っぷしの強さに驚いた次第です。

刀剣乱舞のキャラには登場しないとのお話ですが、関係者の方に是非、ご覧いただきまして、超弩級の設定をお願いしたいものです。
すると、またまた刀剣女子が増えますしね。(^^)。

お仲間が増えるのは、嬉しいものです。
[返信]
[修正]
[削除]
|

日本刀の科学!   倭 士 : 2017/07/22(Sat) 23:37 No.7242
|
商人 たいへんご無沙汰をしております。

近年、ネオ刀剣ブームで沢山の書籍が販売されておりますが
こちらの書籍はご存知でしょうか??
   【おもしろサイエンス・日本刀の科学
      B&Tブックス・日刊工業新聞社 発行】

刀剣電脳倶楽部でもお馴染みの真鍋純平刀匠が編集に
関わっておられます。
初版本1刷よりも先月に改訂された2刷り版が内容一新で!
ご購入されるならば、2刷り版がオススメとの事です。

久し振りの登場で、刀剣本の宣伝みたいに成ってしまいましたが、
真鍋刀匠 一押しの書籍ですので、是非・どうぞ・・・ 

ps~ 花散里さんより ご紹介されておられます
  大阪歴史博物館で開催中の 「大相撲と日本刀展」
  先週 拝見して参りました 
  双葉山や大鵬などは、矢張り良い太刀をお持ちですねぇ~!
  皆様も宜しければ どうぞご来館下さいませ。。 

単独表示 ☆日本刀の科学.jpg

[返信]
[修正]
[削除]


新しいレスから表示

Re: 日本刀の科学!   花散里 : 2017/07/23(Sun) 10:44 No.7244
ガマ 倭士さん、ご無沙汰しております。
また、情報の提供をありがとうございます<(_ _)>

真鍋刀匠が編集に関わっていたとは、知りませんでした。
ちゃんと版を確認してから購入します。

大阪歴史博物館、さすがに横綱ともなれば、数打ちと言うわけにもいきませんからね(^^)
見に行きたいのはやまやまですが、遠いんですよね〜(^_^;)
[返信]
[修正]
[削除]

Re: 日本刀の科学!   真改 : 2017/07/23(Sun) 13:10 No.7247
白影 まったく読み進んでいませんが、同名異本の書籍を積ん読(つんどく)状態で持っておりますが、これは知りませんでした。

真鍋刀匠が編集に関連されているとか。
ところで、真鍋刀匠の最近のご活躍情報がわからないのですが、倭士さんは、ご存知でしょうか?
また教えてくださいませ。m(__)m。
[返信]
[修正]
[削除]

Re: 日本刀の科学!   倭 士 : 2017/07/23(Sun) 21:33 No.7248
武士 花散里さん・真改さんご無沙汰しております。

そうですね!大阪までは遠いですね〜。
私もここ何年か東京には ご無沙汰で・・。
今年は頑張って大刀剣市行きたいですです^^。
もし、上京出来ればヨロシクお願いしますね。

真鍋刀匠とは、先日 刀剣会でお会いしました。
元気にされておられますよ。
その時、本の情報を頂き鎬さんにMAILしましたら、
是非・電脳倶楽部にも紹介してあげて下さいと提案をいただきまして・・。
真改さんにもMAIL致しましたが・・不通でして・・。

また、真鍋刀匠にお逢いしましたら、ヨロシクお伝えしておきますね。
以前のように、神戸で個展など開いて頂きたいですね・・。

書籍ですが、兄弟本で、『刃物の科学』と言う本も御座います
こちらも,刀の事やその他刃物(包丁など)の事も解説されて折ります。
宜しければ、あわせてどうぞ。

大阪歴史博物館。横綱とも写真撮れますぞぉ〜!
では、頑張って また 何か書込みさせて頂きますね^^

単独表示 刃物の科学.jpg 単独表示 日馬富士.jpg
[返信]
[修正]
[削除]

Re: 日本刀の科学!   こてつ。 : 2017/07/24(Mon) 11:43 No.7249
白蛇 倭士さん、ご無沙汰しています。
昨年の大刀剣市で久しぶりに真鍋刀匠とお会いしました。
もう昨今のネットが面倒くさくてしばらく離れていたと仰っていました。
お元気な様子でした。

刀剣関連の本は例のゲーム絡みのものなど含めて数えきれないほど出ていますが、ご紹介の本はちょっと違うようです。
二刷りがお薦めとなると…ネットで買う時は要注意ですね。
やはり書店で版を確認して買った方が良いのかな…。
田舎では無理なので都会に出た時に探してみたいと思います。

「大相撲と日本刀展」9月から信州でも展示されます。
坂城町 鉄の展示館 9月7日〜11月5日
東京の皆さんには大阪よりずっと近いですね。
[返信]
[修正]
[削除]

Re: 日本刀の科学!    : 2017/07/24(Mon) 14:26 No.7250
青影 倭士さん 忙しい中 書籍の紹介ありがとうございます。 50か所程内容訂正とは、進化著しいですね◎ 倭士さんには是非 わずかな休み時間に 初版 2版の 50か所探しをして頂きたいですね(笑) [返信]
[修正]
[削除]

Re: 日本刀の科学!   真改 : 2017/07/24(Mon) 20:44 No.7251
白影 倭士さん、こてつ。さん、真鍋刀匠の近況をお教え頂き、ありがとうございます。m(__)m。

時々、真鍋刀匠の作品で古い時代の物が売りに出ていることがありますが、最近の作品についての情報がありませんでしたので、気になっておりました。

是非とも、神戸あたりで展示会をお願いしたいものです。

刀は実際に手に持ってでないと分からない部分も多い、他の美術品とは違った存在ですからね。(^^)。
[返信]
[修正]
[削除]

Re: 日本刀の科学!   倭 士 : 2017/07/30(Sun) 20:48 No.7252
武士 こてつさん・鎬さんご無沙汰しております。
コメントありがとうございます。
ナカナカ、電脳倶楽部を拝見する事も少なく、
また、何かイベントなどが有れば書込みますね!

坂城でも刀剣展開催するんですね。
関東の方は、是非どうぞ・・。

今年は、大刀剣市に参上したいものですが・・頑張りまーす。。
[返信]
[修正]
[削除]

[→7242] Re: 日本刀の科学!   法城寺 : 2017/09/20(Wed) 13:10 No.7258
旅人 皆様、ご無沙汰しております。

酔っ払った帰り、コンビニでタイトルが似てたんで間違ってこんな本を買ってしまいました。
なんだかなあと、「自分」に言い聞かせております。
内容はまあ、よくあるお話でして・・・・。

単独表示 CIMG5016.JPG

[返信]
[修正]
[削除]

Re: 日本刀の科学!   花散里 : 2017/09/20(Wed) 20:00 No.7259
ガマ >法城寺さん

あらま、どう考えても今さら法城寺さんが必要とするとは思えない本を(^_^;)
「酔っ払った状態」と言うのが鬼門ですよねぇ(^^)

まぁ、時々暇つぶしに読むと、意外と面白かったりする場合もありますが(^^)
[返信]
[修正]
[削除]
|

備前刀 名刀展   そぼろ助廣 : 2017/09/03(Sun) 10:38 No.7254
|
鍛冶 皆さん、こんにちは!名刀展の御案内です。最近あちらこちらで企画展がありますが、備前刀の故郷である岡山で開催されます。備前刀並びに備前伝に的を絞り、国宝5口・重要文化財11口を含み名品84口が展示されます。特に私がお勧めしたいのが、本邦初公開の加藤清正の差料との伝承がある「与三左衛門尉祐定」です。刀身の出来は重要文化財の「栗山祐定」とそっくりです。さらに江戸時代初期の拵が出品されています。これは加藤家の紋所である「蛇の目紋」の縁・頭・目貫・小柄・笄の赤銅製の一作金具が附いています。是非観に来て下さい。

単独表示 DSC01274 (2).jpg 単独表示 DSC01275 (2).jpg
[返信]
[修正]
[削除]


新しいレスから表示

Re: 備前刀 名刀展   真改 : 2017/09/03(Sun) 11:28 No.7255
白影 そぼろ助廣さん、ご紹介をありがとうございます。m(__)m。

県立博物館、ずいぶんと御無沙汰しております。
与三左衛門尉祐定は、小豆島の県指定文化財のことでしょうか?

ぜひ、訪れてみたいものです。(^O^)/。
[返信]
[修正]
[削除]

[→7255] Re: 備前刀 名刀展   そぼろ助廣 : 2017/09/03(Sun) 12:29 No.7256
鍛冶 真改さん、こんにちは!その通りです。伝説では加藤清正が小豆島の庄屋に与えたとされる物です。加藤清正は慶長16年(1611)に50歳で亡くなり、二代忠広が寛永9年(1632)で改易となりました。拵は間違いなく江戸時代初期の物です。初代・清正か二代・忠広か厳密には分かりませんが、大名の差料として相応しい逸品です。柄糸は巻き替えられていますが、鞘と金具は当時のままです。是非ご覧ください。 [返信]
[修正]
[削除]
|

刀剣博物館   法城寺 : 2017/07/23(Sun) 09:11 No.7243
|
旅人 皆様、おはようございます。

名古屋に日本最大級の日本刀博物館ができるようです。


http://www.token.co.jp/about_token/recruit/prog/curator.html?ref=gakugei_fb
[返信]
[修正]
[削除]


新しいレスから表示

Re: 刀剣博物館   花散里 : 2017/07/23(Sun) 10:51 No.7245
ガマ 法城寺さん、おはようございます。
情報の提供をありがとうございます<(_ _)>

重文や重美をはじめとして常時200振り以上、甲冑についても50領と大規模ですね。
2020年に開館予定とのことで、母体は建設会社のようですが、展示する刀剣類の調達はどうするのでしょうね?

Webは今年中に開設するようですので、まずはそこから楽しみましょう(^^)
[返信]
[修正]
[削除]

Re: 刀剣博物館   真改 : 2017/07/23(Sun) 13:08 No.7246
白影 会社の名前もそれらしいイメージですね。(^^)。

このビルまるごと博物館関連なんでしょうか?
それとも何階か以上はマンションで、博物館の上がお家ですか?

そうだとしたら、刀剣好きにはたまらんお住まいになること必至。
オープンが楽しみです。
[返信]
[修正]
[削除]
|

小倉祇園祭   真改 : 2017/07/19(Wed) 21:47 No.7238
|
白影 7月15日から17日まで、北九州市の小倉祇園祭に行って参りました。
三日間全て晴天に恵まれ、初めて見るお祭りも、威勢よく、整然と品よく、とても楽しませて頂きました。

無法松の一生でお馴染みとのことですが、私はまだ見たことがありません。三船敏郎主演のようで、このお祭りを見た後ですので、とても気になっております。

お祭りも最高に良かったのですが、電脳倶楽部としては、やはり刀関連の話題が大事でしょう!(^^)。

添付ファイルの関係で、この後に続きます。

単独表示 s7 049.jpg 単独表示 s7 077.jpg
[返信]
[修正]
[削除]


新しいレスから表示

Re: 小倉祇園祭   真改 : 2017/07/19(Wed) 22:00 No.7239
白影 西鉄バス目倉(めぐら)停留所傍に、北九州市教育委員会作成の豊前刀鍛刀場跡と書かれた掲示板がありました。

この説明文に出てくる小倉藩最後のお抱え刀鍛冶の紀政広という刀工は、実は、阿波の国から移住した刀工です。

以前から、阿波の刀剣という書籍からの知識で知っておりましたが、こういう出合いができましたことを、とても喜んでおります。

残念ながら、その継承者はすでにありませんが、注連縄が張られた玄関や、それに連なる鍛錬場を思われる建物もきちんと残っており、2枚目の写真の看板に見られるように、「美術日本刀 御守刀」の文字が往時を偲ばせます。

阿波と豊前小倉の繋がり。
こんな所にひっそりと、その面影を残しております。

単独表示 s7 057.jpg 単独表示 s7 058.jpg
[返信]
[修正]
[削除]

Re: 小倉祇園祭   花散里 : 2017/07/20(Thu) 23:31 No.7240
ガマ 真改さん

暑い中、九州遠征お疲れさまでした<(_ _)>
無法松の一生、これまでに4度映画化されているようですね。
私も題名は知っているんですが、見たことはないんですよね〜
機会があれば、私も見たいと思っています。

もう50年以上前に技術が絶えてしまったのは残念ですが、豊前刀の鍛刀場の跡が未だに残っているのも凄いですね。
刀に所縁の場所をゆっくりと尋ねてみたいと思っていますが、いつになることやら・・・当分先になりそうです(^_^;)
[返信]
[修正]
[削除]

Re: 小倉祇園祭   真改 : 2017/07/22(Sat) 08:54 No.7241
白影 花散里さん、今年の夏は日本列島が一斉に猛暑となったような感じですね。
炎天下での小倉祇園祭の観覧は、桟敷のステンレス製の長椅子が焼けて焼けて(>_<)、とても素で座れる状態ではありませんでしたので、段ボールを断熱材と座布団の代わりにお尻の下に敷いてしのぎました。(*_*)。
もちろん、日焼けも痛々しいくらいに焼けました!(@_@;)。

さて、無法松の一生の映画が4度も映画化されているとは知りませんでした。
人気の題材だったのですね。
是非、見てみたいものです。

また、豊前刀につきましては、現代刀では河野刀匠が有名ですが、時代の刀となると、なかなかお目に掛かれません。
気になる郷土刀の一つとして、注目してまいります。

暑さ厳しき折、皆様、お気をつけ下さいませ。m(__)m。
[返信]
[修正]
[削除]
|

大相撲と日本刀   花散里 : 2017/07/13(Thu) 23:22 No.7236
|
ガマ 大阪歴史博物館では、平成29年7月8日(土)から8月28日(月)まで特別展「大相撲と日本刀」が開催されています。

神事である相撲と日本刀は縁が深く、最高格である立行司は短刀を差していますし、横綱の土俵入りでは太刀持ちを従えています。

大鵬や双葉山など往年の名横綱の太刀も展示されるそうですから、お近くの方はぜひ<(_ _)>

http://www.mus-his.city.osaka.jp/news/2017/ozumoutonihonto.html

https://www.youtube.com/watch?v=3i6ynJVGqAI
[返信]
[修正]
[削除]


新しいレスから表示

Re: 大相撲と日本刀   真改 : 2017/07/14(Fri) 19:33 No.7237
白影 単に刀剣を展示するのではなく、相乗効果を狙った展示会ですね!
(*^^)v。

センスの良さを感じます。
[返信]
[修正]
[削除]
|

郷土刀    : 2017/06/24(Sat) 15:13 No.7229
|
青影 片切刃の刀身銘入り脇差と ご縁がありました。なにやら郷土刀に興味が湧いてきまして 古書店で『阿波の刀剣』を求めました♪ そうしましたら 古書店に興味が湧いてきました(笑)

単独表示 20170624_150704.jpg 単独表示 20170624_150742.jpg 単独表示 20170624_150823.jpg
[返信]
[修正]
[削除]


新しいレスから表示

Re: 郷土刀   真改 : 2017/06/24(Sat) 16:00 No.7232
白影 さきほどは、失礼致しました。(^^ゞ。
久しぶりに車の話題以外のことでおじゃましまして、鎬さんと刀剣談義ができました。
短時間ではありましたが、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
ありがとうございました。m(__)m。

さてさて、早くもお求めになられましたね!(@_@;)。
一度読んだものでも、その後、培った経験や知識、嗜好の変化などなどで、新たな発見があるものですね。

この「阿波の刀剣」は、パラフィン紙に包まれていて、とても保存状態が良いようです。(^^)。
貴重な本は、ある時に買っとこうと思うのですが、ついつい買ったままということも・・・。
私の場合、ほとんどそうなんですが。(>_<)。

今すぐ読まなくても、いつかは読むだろうと思って買うことを、いわゆる「積ん読(つんどく)」とも表現するようですが、そういうのもまたよろしいのではと、渡部昇一さんもおっしゃっておりました。

また、ご覧の皆様も、地方ならではの郷土刀のお話なども、全国からお寄せ頂くとありがたいです。 m(__)m。
[返信]
[修正]
[削除]

[→7232] Re: 郷土刀    : 2017/06/24(Sat) 19:39 No.7233
青影 積ん読 候補の 刀剣書籍が いろいろあり ドキドキしました♪ 昭和4年発刊 昭和5年発刊 とか 昭和一桁の刀剣書籍がありましたよ♪

単独表示 20170624_150759.jpg 単独表示 20170624_150633.jpg
[返信]
[修正]
[削除]

Re: 郷土刀   花散里 : 2017/06/24(Sat) 23:21 No.7234
ガマ ををっ!
鎬さん、大変ご無沙汰をしております<(_ _)>
お変わりなく、お元気そうで何よりです(^^)v

これからも、たまには電脳倶楽部に遊びにいらしてください^^
お待ちしております<(_ _)>
[返信]
[修正]
[削除]

Re: 郷土刀    : 2017/06/24(Sat) 23:56 No.7235
青影 花散里さん お久しぶりでございます。お勉強は進んでおりませんが、またよろしくお願いいたします♪
[返信]
[修正]
[削除]
|

ページ移動

| 1 | 2 | 3 |

NO: PASS:
[標準/一覧/新着/ツリー]  []

- KENT & MakiMaki -
携帯用改造:湯一路
Modified by Tambo